海外旅行 観光情報

台湾へ行く前に知っておこう!電圧やコンセント事情!

投稿日:

 

日本から近くて人気の海外旅行先のひとつである台湾。
海外旅行に行く際に必ず調べておくことの1つとして、コンセント事情があるかと思います。
今回は台湾のコンセント・電圧事情についてご紹介したいと思います。

 

台湾のコンセントの形・電圧事情の結論

ポイント

・コンセントはほぼ日本と同じなので変換プラグはほぼ不要
・電圧もほぼ同じなので変圧器もなくて使用可能。
・ドライヤーやヘアアイロンは注意が必要。

基本はほとんどの製品がそのまま利用可能なので、iPhoneやパソコンなどの充電も変換プラグ・変圧器なしで充電できます。
日本のものをそのまま待っていけば使用できるので、荷物もかさばらず余計な心配もしなくてすみます。
ただ電化製品のものによっては気をつけなければいけないものもあります。

 

台湾のコンセントは?

台湾のコンセントは日本と同じAタイプとなっています。
同じ2つ穴のタイプですが、日本と違って横向きに設置されていることが多いです。
たまに3つ穴タイプも存在します。これは長方形の穴2つの下に丸い穴があるものですが、丸い穴をないものだと思ってそのまま使用してOKです。

 

 

ただし稀にCタイプしか使用できない場所もあり、その場合は変換プラグが必要です。
宿泊先によっては変換プラグの貸出しをしている場合もあるので聞いてみましょう。
とはいえほぼ上のAタイプです。どうしても心配な方は念の為に変換プラグを持っていくと安心ですね。

 

台湾の電圧事情は?

コンセントは同じタイプでしたが、もうひとつ気になるのが電圧と周波数ですね。

ポイント

台湾の電圧は110ボルト、周波数は60ヘルツ。
日本の電圧は100ボルト、周波数は50または60ヘルツ。

少し違いはありますが、基本的には変圧器もなしで利用可能です。
電化製品に「INPUT:100-240V~50-60Hz」と記載があれば、これは100~240ボルトまで対応しているということです。
日本の電化製品は大体100~240ボルト対応にはなっていますが、100ボルトまでしか対応していないものもあります。
その場合は変圧器が必要になります。
電圧が対応していないものを使うと故障の原因になりかねないので、必ずチェックしておくようにしましょう。

 

台湾用の変圧器はどこで買えば良い?

日本で購入する
電気屋さんに行けば間違いなく購入することが可能です。色々なタイプのものが売ってあるので、今後も海外旅行へ行くなら各国に対応しているものを買っておけばいろんな国で使えますね。
もちろんネットでも購入できるので楽天・Amazonなどを利用するのもいいと思います。

台湾で購入する
大型の電気屋さんなどで購入できますが、日本で購入しておく方がベターではあります。

 

台湾の充電事情

もしモバイルバッテリーを忘れたり、外で頻繁にスマホを使ったことによる電池切れなど急な困りごとはつきものですよね。
そんな時でも知っていれば安心な台湾の充電スペースのご紹介をします。
お出かけの際にはコンセントを発見すれば充電できるように、充電器を持ち歩くことを強くおすすめします!

①駅構内
台北駅には充電スタンドがいくつかあり、なんとコンセント以外にもUSBを繋げて充電できるところもあります。
他にも地下鉄MTRの駅構内にも、コンセントが設置されている場所が多く点在します。
もちろん無料で充電できます!とても便利な国ですね。

②カフェ
台湾にはフォトジェニックにもなるおしゃれなカフェもたくさんありますが、チェーン店のIkari Coffeeは台北市内でも店舗が多く使い勝手が良いです。
店舗の席にもよりますが、コンセントとWifiもついていて気軽に利用できます。
店内は落ち着いた雰囲気でコーヒーやケーキ、軽食を楽しむことができます。

余談ですがバスにもよりますがバス車内や、場所によればバスの停留所にも充電可能なコンセントが設置されていたりもします。

 

台湾のコンセント・電圧事情まとめ

基本的に台湾では、日本の電化製品はそのまま使えます。
海外で日本のものをそのまま持っていって使えるのはとても便利ですね。
海外旅行がはじめての人にとってもハードルが低く感じられるのではないでしょうか。
今はLCCも普及しているので、時期によれば格安で台湾へ行くことができます。
行かれる際にはしっかり忘れ物がないように準備して、たくさん楽しんできてくださいね♩

 

 

  • この記事を書いた人
アバター

nana

-海外旅行, 観光情報

Copyright© ふじっこのトラベルテック , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.