セブ島 観光情報

セブ島のコンセント事情結論:変換プラグ/変圧器なしで使用可

投稿日:2019年4月29日 更新日:

f:id:fuuujikko:20190106000807j:plain

セブ島旅行やセブ島留学の準備においてもっとも質問されることがコンセントや電圧事情に関して。

結論としてはほぼ全ての製品がそのまま利用可能です。iPhone、パソコンやカメラの充電ももちろんokなので楽チンです。但し注意が必要な2つの持ち物がヘアアイロン(コテ)ドライヤーです。

セブ島のコンセント・電圧事情の要約

コンセントは日本と同じなので変換プラグは一切不要

セブ島の電圧は日本と異なるが基本的に問題なし

ドライヤーなどの家電を使用する際だけ変圧器が必要

結論としてはこの3点に尽きるのですが、コンセント事情・電圧事情の詳細を解説していきます。

セブ島のコンセントの形状

フィリピン・セブ島のコンセントには変換プラグなしで日本の電気製品をそのまま差し込めます。実はセブ島は「Aタイプ」「Bタイプ」の2種類のコンセントがあるのですが、日本型はどちらにも対応okです。見た目が異なるので最初は迷う方多く、詳細に解説します。

●Aタイプ
長方形の穴が左右二つあるタイプで、日本と全く同じです。日本人が宿泊するようなホテルなど設備力がある程度高い場所はだいたいAタイプです。故にセブ島のコンセントの穴の形状は基本的に日本と同じです。

●Bタイプ
Bタイプは穴が3つあり、長方形の穴2つの下に丸い穴が開いている形状で、日本では見慣れないものです。実はこれも変換プラグなしでokなのです。
下の丸い穴は無視して上の2つの長方形の穴にそのまま差し込んでokです。

但しフィリピンクオリティでカフェなどだとコンセントの穴がゆるいことはあります。MacBookの充電器など先端が大きいものだとたまに落ちてきちゃいます。。3つ星以上ホテルなどだと一切問題ないです。

セブ島の電圧事情

コンセント形状は一緒なのに対して、日本とフィリピンでは使われている電圧は異なります。

店舗情報


フィリピン:220ボルト。周波数は60ヘルツ
日本:100ボルト。周波数は東日本50ヘルツ/西日本が60ヘルツ

セブ島の方が強い電圧が流れています。但しこれも心配不要で、日本の電化製品のほとんどは240ボルトまで対応しているので、変圧器なしで普通に使って大丈夫です。

厳密な確かめ方を紹介します。電化製品には「INPUT:100-240V~50-60Hz」などの記載があり、これが100~240ボルトまで対応しますという意味です。

この表示を見るのが正確ですが下記のものを除いては大体「100-240V」対応なので心配不要です。

ドライヤー

ヘアアイロン

この2点が要注意です。要注意持ち物をそれぞれ解説します。

ヘアアイロン(コテ)/ドライヤー/iPhone/PC/カメラの電圧事情

旅行先で充電される機会が多く、充電しても大丈夫なのかよく質問される製品をまとめます。

電圧事情:iPhone
変換器/変圧器なしでそのまま充電してokです。

圧事情:Mac
基本的に変換器/変圧器なしで充電してokです。
パソコンの場合、長い間セブ島の220ボルトで充電し続けることで必要以上にエネルギーを使うので寿命を縮ませることに繋がり得ります。そのまま利用しても安全面での心配はないのですが、留学など長期滞在で気になる方は電圧器がある方が良いです。

電圧事情:カメラ

変換器/変圧器なしで充電してokです。
一眼もデジカメも最近のものは220ボルトにも耐えられるようになっています。
10年以上前などの場合は一応対応電圧をチェックしている方が良いかもしれません。

圧事情:ドライヤー
そのままの充電はNGで、変圧器が必要です。セブ島と日本の電圧の違いが原因による事故でもっとも多いのがドライヤーです。日本のドライヤーは高電圧に耐えることができず220ボルトも流してしまうと爆発の恐れがあります。

キッチン用具など家電製品は全般NGです。家電製品をセブ島に持っていくことはほぼないのですが、良く持ち出されるのがドライヤーとヘアアイロンでこの2つが要注意製品の2本柱です。

電圧事情:ヘアアイロン(コテ)
そのままの充電はNGです。ドライヤーと並ぶ要注意製品の1つです。

せっかくの旅行で撮影も多いのでドライヤーもヘアアイロンも使いたいと思います。使う方法は2つあります。
①変圧器を利用
変圧器の購入方法は次に記載します。
②海外対応のヘアアイロンを用意
海外に良く訪れる方はこちらがおすすめです。海外対応のドライヤーやヘアアイロンを購入すれば変圧器なしで大体の海外で使えます。

その他にたまに話に聞くのが、湯沸かし器や炊飯器などはダメです。実際に火花が散ってしまったケースなど頻繁に聞きます。

セブ島での変圧器の準備方法

海外対応していない普段使用しているドライヤーやヘアアイロンも変圧器を通せば問題なく利用できます。変圧器はやや大きいのでどこで用意するのかは重要です。用意する方法を大きく2つあります。

①日本で変圧器を購入して持っていく

もっとも無難ですね。電気屋さんに行けば確実に購入できます。海外旅行に今後もいくことがあれば汎用性を考慮して、コンセントの変換プラグと変圧器が一緒になったものを購入しておけば、かなりの国に対応できます。

②セブ島現地の大型モールで購入

セブ島で購入すると安いし、日本から持っていく手間も省けます。留学など長期滞在の方にはおすすめです。海外慣れしていない人には難易度高めです。

セブ島のコンセントお役立ち情報:持っていくべきもの

セブ島コンセントを攻略するために持っていくべきおすすめの持ち物はテーブルタップ(タコ足配線)です。セブ島はコンセントの形状は日本と同じでそのまま利用可能ですが、日本のホテルほどコンセントの数が多くないことがあります。

グループで旅行に行った際充電の取り合いになるのでテーブルタップを持っていたらヒーローです。留学で複数人部屋の方はなおさら便利ですよ!

またMacの充電器など大きくてセブ島の穴がゆるいコンセントでは落ちやすいのですが、テーブルタップを用いるとその防止にもなります。

その他セブ島観光の必要情報

コンセント・電圧事情とともにセブ島観光へ訪れる際に合わせて知っておくべき関連情報を紹介します。

セブ島観光を安心して楽しむためにセブ島の治安状況と危険回避のための対策はしっかりと把握しておくべきです。特にマクタン島の方はセブシティよりも治安が悪くタクシーも必ずショッピングモールかホテルで呼んだタクシーに乗る必要があります。セブ島治安面における対策をまとめた記事はこちらです。

【2019最新版】セブ島治安は悪い?地域別危険度・対策を徹底解説

セブ島の治安について良く聞かれるので記事にしました。東南アジアの国々へ全て行ったことある、かつ実際にセブ島に1年近く住んでいた僕の見解としてはセブ島の治安は他の東南アジアの国と比較すると悪くない方です ...

続きを見る

セブ島の気候は年中温かく過ごしやすいこともセブ島観光が人気の理由の1つです。実は5~10月の乾季と11月~12月の雨季の2つのシーズンに分かれており、台風遭遇率や降水率は大きく変わります。セブ島での服装は日本の夏の格好で問題ないです。季節別の注意ポイントや男性/女性別のおすすめ持ち物もこちらの記事にまとめています。

セブ島天気・気候まとめ!時期別の気温特徴やオススメの服装は?

海がメインとなるリゾートエリアであるセブ島では、天気がコンテンツの良し悪しに大きく影響するので、できる限り天気を考慮して予定を組めることが理想ですね。 また日本のような季節の節目がないと思われがちです ...

続きを見る

セブ島の時差は1時間しかなく、成田からの飛行時間も5時間前後とリゾートエリアの中では比較的短いことも魅力の1つです

日本とセブ島の時差・飛行時間まとめ!セブへの行き方徹底解説

セブ島は人気南国リゾートのなかで圧倒的に『安近短』が揃っています。 ・近いので時差が1時間、飛行時間も4~5時間 ・飛行時間も短く、短い日程だけでも十分楽しめる ・セブ島の物価の安さ(航空券代も含む) ...

続きを見る

セブ島の物価は総じて日本の1/3ほどです。お酒・マッサージ・ガソリン代(=タクシー代も)が特に安くお得です。観光中に触れる可能性があるジャンルの物価比較詳細はこちらの記事で紹介しています。

【2019年版】フィリピン・セブ島の物価まとめ!日本の物価と徹底比較!

セブ島の物価はどれくらい安いのか良く聞かれるので、分野別に日本との比較軸で物価の安さをまとめました。※当記事では1ペソ=約2.3円換算で計算しています。 【結論】セブ島の物価はとにかく安い! セブ島の ...

続きを見る

セブ島のコンセント・電圧事情まとめ

難しく考える必要はなく、基本的には変換プラグ/変圧器なしで充電可能です。
ドライヤーやコテなどの家電製品のみセブ島の電圧が耐えられないので、そのまま利用してはいけないです。

セブ島旅行の準備をバッチリ済まして思う存分観光を楽しみましょう。

【2019年最新版】セブ島おすすめ観光スポット27選!セブ島観光を徹底解説!

セブ島を起点に行く周辺観光地も含め、セブ島旅行で訪れてみたい観光地をまとめました。ジャンル別に網羅的に紹介していますので、興味のある観光地を選んでセブ島旅行の過ごし方を決める参考にしてください。 セブ ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
藤谷亮太(ふじっこ)

藤谷亮太(ふじっこ)

大手旅行代理店でWebマーケの子会社設立→旅行系ITスタートアップ。学生時代は日本一周/世界一周・自身の旅本を自費出版など旅行を軸に活動。Webと旅行が好きな27歳。

-セブ島, 観光情報

Copyright© ふじっこのトラベルテック , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.