Web・テクノロジーを活用して旅行をよりスマートにするテクニック

ホテル予約 旅行便利情報

満室ホテルのキャンセル待ちを取るコツとは?

投稿日:2019年12月20日 更新日:

キャンセル待ちとは希望しているホテルが満室で現在予約が取れない状態の時、ホテルになんらかの理由で空室が出た際に、優先的に教えてもらえるというシステムです。キャンセル待ちは必ず発生する現象とは言えませんが、キャンセル待ちを申し込んでいれば、希望するホテルに泊まる事が出来るかもしれません。

キャンセル待ちが発生している宿を取る事は難しいですが、宿が取りやすくする方法は存在します!今回は、キャンセル待ちの時に宿が取りやすくなる狙い目や時期、おすすめの宿泊予約サービスのような裏ワザをご紹介します!

キャンセル待ちの宿が取れる確率は?

キャンセル待ちで宿を取れる確率はシーズンや場所などによってばらつきがありますが、基本無い物と計算しておくことをお勧めします。キャンセル待ちで宿が取れるようになるには、「既に予約している人がキャンセルする」といった、予測不可能な事が起こった場合のみとなります。そこからさらに抽選や、早い者勝ちで宿を抑えた場合のみ、宿泊を勝ち取る事ができます。確実にホテルが取れるわけではないので、あらかじめ他のホテルを押さえておくといった、Bプランを用意しておく事が大切です。

もしキャンセル待ちの宿が取れなった場合は、宿泊日の当日でも予約可能なホテルがあるのでそちらを探してみる事もおすすめです。当日予約可能なホテルの探し方やお勧め予約サイトについてはこちらの記事で詳しくまとめています。

ホテルって当日に予約できる?安く利用する方法とは

急な旅行や出張が決まって、ホテルを予約しなければならない…そんな時がしばしば起こりますよね!ホテルは当日に予約することは出来るのでしょうか。また、おすすめのホテルを探す方法や宿泊当日にキャンセルすると ...

続きを見る

キャンセル待ちのホテルの狙い目の時期や時間帯

キャンセル待ちのホテルには、実は狙い目の時期や時間帯が存在します。

「既にホテルを予約した人がいつキャンセルするかなんて分からないじゃない!」という声が聞こえてきそうですが、キャンセルされやすいタイミングは存在していて、その機を狙うとキャンセル待ちのホテルが取りやすくなります。

そのキャンセルされやすいタイミングは「ホテルのキャンセル料が発生、または高くなる直前」です。

大体のホテルは1週間前、3日前のように段階的に設定しており、宿泊日に近づくにつれ、キャンセル料が上がっていきます。キャンセル料のタイミングはホテルによって異なりますが、一般的な狙い目の日にちは宿泊日から1週間前と2〜3日前です。

また、当日午後3時も狙い目の時間です。ホテルのチェックイン時刻は午後3時が多いのですが、当日にドタキャンが入り空室ができる事があります。午後3時はドタキャンが判明する時間帯なので、そこを狙うと良いでしょう。

注意点としては、こちらの時間は一般的なホテルの場合です。キャンセル料が発生、高くなるタイミングはホテルによって異なるので、念の為ホテルのホームページで事前に確認しておくと良いでしょう。

狙い目のタイミング

キャンセル料が発生、または高くなる直前が絶好の機会!

一般的なホテルだと宿泊日から1週間前、2〜3日前、当日午後3時

キャンセル待ち中のホテルの取り方

キャンセル待ち中のホテルの取り方は大きく分けて2種類あります。基本的には先述した狙い目の時にこの2種類の方法で取るという形が一番良いと思います。

電話で直接コンタクトを取る

こちらの方法は特に宿泊日当日に確認する場合にオススメの方法となります。というのは、当日のドタキャンはホテルの予約サイトだと空室と反映できない場合があるからです。前項で説明したように、午後3時を狙って電話してみることがおすすめです。

ただし、ホテルの予約サイトのキャンペーン適応外で、割高で案内されてしまうこともあるので注意が必要です。

宿泊予約サイトをチェックする

こちらの方法は、基本的にキャンセル待ち中のホテルを探しているときにはいつでも行える方法で、一番オススメの方法になります。

電話をする必要もなく、すぐにスマホでチェックできるのでいつでも確認することができます。僕も夜寝る前や仕事の空き時間などのスキマ時間でチェックしています。後述する、自動で空室が出た際にお知らせしてくれるサービスもあるのでそれらを利用しつつチェックします。

余談ですが、空室をチェックしていると不意にお得なキャンペーンを行なっているところもあって、思わず掘り出し物のホテルが見つかることもあります。それで他のホテルに浮気してしまうこともしばしばあります(笑)

複数のサイトでチェックは必要?

宿泊予約サイトは数多くありますが、複数のサイトでチェックする必要はあるのでしょうか?

結論から言うと、「空室か満室かがサイトによって異なる事はあまり無い」です。

それは予約サイトの宿泊予約システムはどのサイトも同じシステムを使っている場合が多いからです。宿泊予約サイトの予約管理画面はサイトが管理しているわけではなく、実は他の企業と提携して運営しているのです。予約サイトごとにシステムが異なると、いざホテルに空きが出た時に、ホテル側は複数の予約サイトとやりとりしなければいけなくなりますよね。予約システムが一つだとホテル側はやりとりが楽になりますし、運営サイトの方も自社で予約を管理する手間が省ける訳です。

ということで共通のシステムを使っているため、複数の予約サイトを見ても宿泊状況の結果は同じ場合が多いようです。ただ、どのシステムを使っているかなどの情報は企業秘密にされているため、全ての宿泊予約サイトが同じシステムを使っているという保証はありませんので注意が必要です。

また、「あまり無い」にした理由は、宿泊予約サイトによって値段やサービスは異なってくるからです。例えば楽天ユーザーなら楽天ポイントの還元がある楽天トラベルが良かったり、サイトによっては特別なキャンペーンを行なっている場合もあります。ですので、自分がどのサイトを使えばより恩恵を受けることができるのか、チェックをしておくとお得にホテルを取ることができるでしょう。

ポイント

空室か満室かの結果についてはサイトによって変わらない。

ただし、値段やサービスは変わる!

キャンセル待ち中のホテルのおすすめ予約サービス

ホテルの予約サービスはたくさんあるので、どれを使えば良いのか、迷ってしまいますよね。そんなあなたに年間何度もホテルを利用する僕が、キャンセル待ち中のホテルを取るときのおすすめ確認手順をご紹介いたします。前提として、価格の面はあまり考慮していません。何故なら利用者によって楽天ユーザーであったり、LINEpay利用者であったりと恩恵を受ける事のできるサービスは異なるからです。ですのであくまでも「キャンセル待ち中のホテルを取る」という点でのおすすめサービスです。是非参考にしてみてくださいね。

数多くある宿泊予約サイトをサービス、価格面まで含めて徹底的に比較した記事はこちらをご覧ください。

【2020年最新版】ホテル予約サイトを徹底比較!おすすめのホテル予約方法を伝授

航空券よりも宿泊施設数は圧倒的に多くホテル比較予約サイトの存在は非常に大きいです。しかしホテル予約サイトはたくさんありすぎてどう違うのかわからない、結局より安くホテルを予約するにはどうすれば良いのか分 ...

続きを見る

ホテルのキャンセル待ちサイト①:一休.com

一休.com公式サイトはこちら

こちらのサイトはキャンセル待ち中のホテルを取る際には一番オススメのサイトです。一休.comは高級ホテルに特化されたサイトで有名ですが、それだけではありません。

その理由は、ホテルのキャンセル待ちサービスに大手国内サイトで唯一対応しているということです。こちらのサービスはなんと満室のホテルを登録しておくと空き室ができた際に自動でお知らせメールを送ってくれます!ですので何回もサイトを巡回する必要がないのです。

キャンセル待ちサービスの利用の仕方

ここからは一休.comのキャンセル待ちサービス利用の手順をご説明いたします。

step1.キャンセル待ち中のホテルの空室待ちをクリック

画像引用:一休.com

まずは一休.comにあなたの行きたいホテルがあるかチェックしましょう。あったらホテルの詳細ページをクリックします。写真のようにカレンダーがありますのでご希望の宿泊日が「空室待ち」となっているかチェックしましょう。空室待ちであれば満室ということなので、キャンセル待ちサービスの出番です。ご希望日の「空室待ち」をクリックします。

step2.フォームに記入

画像引用:一休.com

カレンダーの「空室待ち」をクリックすると、空室待ち自動予約フォームに行きます。こちらにお部屋の条件や予算、人数、メールアドレス、いつまで空室待ちを行うかなどを入力します。

step3.自動でお知らせメールが届く

画像引用:一休.com

フォームに希望の条件やメールアドレスをセットすれば完了です。これで、空室になった際に自動でメールでお知らせが届きますので何回もチェックする必要が無くなります。

他の大手サイトでは空室待ちサービスが無いところが多いので、一休.comは貴重なサービスと言えます。宿泊施設登録数も多く、登録作業も一つのサイトで済むので利用が楽です。ですので、基本的には空室待ちのホテルを取る際にはこちらの空室待ちサービスを利用するのが良いです。

一休.comのメリット、デメリットなど詳しくまとめている記事はこちらをご覧ください。

https://traveltechz.com/ikkyu

ホテルのキャンセル待ちサイト②:宿の空き待ち

宿の空き待ち公式サイトはこちら

こちらのサービスは、泊まりたい宿泊施設の予約が空いてない日を監視リストに登録しておくと空室が出た際にメールで通知してくれるサービスです。こちらのサービスの良い点は楽天トラベルのシステムを使っているため、掲載ホテル数が一休.comより多い点と無料で利用できる点です。

楽天トラベルは、掲載ホテル数日本最大級ですので一休.com以上に該当のホテルが見つかります。一休.comに行きたいホテルが無い場合はこちらのサイトを利用すると良いでしょう。

ただ、スマートフォンには対応していないとのことで、PCで利用しなければならない点と、楽天トラベルと宿の空き待ちの二重で登録しなければならない点はマイナスポイントです。

楽天ユーザーはポイントもつきますので楽天ユーザーの方は少々面倒臭くても、こちらの方法で宿を探すとお得にホテルを予約することができるのでおすすめです。

楽天トラベルのメリットデメリットなどについて詳しくまとめている記事はこちらです。

https://traveltechz.com/rakutentravel

ホテルのキャンセル待ちサイト③:.cansell

cansellは宿泊予約をキャンセルした人から直接宿泊予約を買うことができるサイトです。他の宿泊予約サイトとも比較する事ができるので、通常に予約する際にも便利です。キャンセルした人が宿泊費より安い値段で自由に売ることができるので、他のサイトで予約するときよりも安く買える可能性があります。一休.comにも、宿の空き待ちにも無かった場合こちらのサービスを利用すると良いでしょう。直接キャンセル者との取引になるので、あまり出回っていないホテルの予約ができる場合があります。

自分がキャンセルする側の場合は、こちらで売りに出してみると良いでしょう。メリットとしてはキャンセル料を余計に払うことがありません。宿泊者の名義変更など必要な手続きは全てcansellがやってくれるので、もしキャンセルしたい際には出品してみると楽にキャンセルの手続きができますし、余計な出費をしなくて済みます。知って置いて損はないサービスです。

このサービスのデメリットとしてはあまりサービスが認知されておらず、売りに出されている掲載ホテル数が少ない点です。ですので行きたいホテルがあるとは限りませんので、あったらラッキーな程度で考えておくと良いと思います。

cansell公式サイトはこちら

ホテルキャンセル待ちのまとめ

前提として、キャンセル待ち中のホテルを取れる可能性は低いです。しかし工夫をすると見つかりやすくなったり、簡単に手に入れられたりします。キャンセル待ち中のホテルの取り方をまとめますと

ポイント

キャンセル料が発生、または高くなる直前が狙い目。

基本的に複数予約サイトのチェックは必要無し。

オススメの予約サービス確認の流れは一休.com→宿の空き待ち→cansellの順

このようになります。ただし、宿泊予約サイトによって値段やサービスは異なりますので、その点は注意が必要です。自分がどのサイトなら還元をより受けることができるのかを考えて、キャンセル待ち中のホテルの予約をしてみて下さいね。

  • この記事を書いた人
藤谷亮太(ふじっこ)

藤谷亮太(ふじっこ)

大手旅行代理店でWebマーケの子会社設立→旅行系ITスタートアップ。学生時代は日本一周/世界一周・自身の旅本を自費出版など旅行を軸に活動。Webと旅行が好きな27歳。

-ホテル予約, 旅行便利情報

Copyright© ふじっこのトラベルテック , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.