Web・テクノロジーを活用して旅行をよりスマートにするテクニック

旅行便利情報 飛行機乗り方

飛行機内に化粧水は持ち込み可!持ち込む際のルールをチェック

投稿日:

飛行機内は乾燥しますよね。長時間のフライトでは特にお肌の保湿はマスト事項。また、夜のフライトでは飛行機搭乗後にメイクを落とす方もいるかもしれません。メイクを落とした後に化粧水を使いたい方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな保湿のために必需品の化粧水について、機内へ持ち込む際のルール等について詳しく説明します。

結論:化粧水は機内に持ち込み可

国内線ではもちろん、国内線より規定が厳しい国際線でも一定の基準を守れば化粧水は機内に持ち込むことができます。一般的なボトル型の化粧水でもスプレー缶タイプのミスト状の化粧水でも考え方は同じです。以下の規定をチェックし、保安検査をスムーズに通過できるように予め準備しましょう。尚、化粧水を飛行機内に持ち込んでも、空の上で爆発するなどといった心配はありませんのでご安心を。以下、国内線と国際線それぞれの機内持ち込みに関するルールを確認していきましょう。

化粧水の国内線持ち込み

機内持ち込み・預け荷物ともに可能です。機内に持ち込む際のルールとしては、以下の通り。2つの要件を満たす必要があります。

・1容器あたり500ml(g)以下
・お一人様2kgまたは2リットルまで

化粧水の国際線持ち込み

機内持ち込み・預け荷物ともに可能です。しかし、国際線には国内線の時よりも厳しい液体に関するルールがあります。以下見ていきましょう。

100ml(g)を超える容器に入ったあらゆる液体物は航空機内持ち込みが禁止

従って化粧水を機内に持ち込む場合は以下の基準を満たす必要があります。

・100ml(g)以下の容器に入れる。
・容量1リットル以下のジップロック等のジッパーの付きの密閉できる透明プラスチック製袋に入れる。サイズの目安は縦20cm以下×横20cm以下で、持ち込みはお1人様1袋のみ。
・保安検査場で他の手荷物と別に提示する。

機内に化粧水を持ち込む技1:詰め替えボトルに入れ替える

国際線の飛行機内に化粧水を持ち込むことは可能ですが、上述の規定を満たしていないと保安検査での検査時に没収されてしまう可能性があります。よくある大容量の500mlの化粧水は機内に持ち込むことができません。例え、中身が100ml以下であったとしても容器が100ml以上ある場合は持ち込むことができません。そのため、100ml以下の詰め替えボトルなど他のボトルに入れて持ち込む必要があります。こういった詰め替え用のボトルは、100円ショップで売られています。国内線の場合は、500ml以下の容量のボトルに入れ替えましょう。

機内に化粧水を持ち込む技2:使い切りタイプの化粧水

化粧水は機内に持ち込みたいがそもそも荷物がかさばるし持ち歩きたくないという方や、別の容器に入れ替えたりするのが面倒くさいという方もいるでしょう。そんな方は、使い切りタイプの小さな袋に入った化粧水を持って行くようにしましょう。トラベル用にドラッグストアなどで売られていますし、試供品で提供されることもよくあります。ストックしておくと後々便利ですね。また、トラベル用の小さなボトルタイプの化粧水も売られていますので、短い旅行であればそういったタイプのものを買っても損はありません。

預け荷物として預ける場合

機内では化粧水を使わないという方は、預け荷物として預けてしまうのが一番楽です。預け荷物であれば、容量の制限無く預けることができます。ただし、航空会社によっては、預けた手荷物を乱雑に扱われてしまう場合もあります。スーツケースの中で化粧水の容器が破損し、中身がこぼれてしまう可能性も無きにしも非ず。あらかじめプチプチやお洋服にくるんでおく、こぼれてもいいように袋に入れておくといった準備を行っておくと安心です。

免税店で購入した場合

保安検査を通過後の免税店エリアで購入した化粧水であれば、機内に持ち込むことができます。持ち込みができるよう、免税店が包装してくれるかと思います。購入した商品を機内で開封するのは問題ありません。化粧水を持ち込むのを忘れてしまった場合は、このときに購入し、機内で利用するのもよいですね。

飛行機内への化粧水持ち込みのまとめ

機内への化粧水の持ち込みについて確認しました。女性にとっても男性にとっても、乾燥する機内での保湿は大切なもの。ルールをよく確認して、スムーズに保安検査を通過し、機内で快適に過ごせるように備えましょう。

  • この記事を書いた人
アバター

ayu

-旅行便利情報, 飛行機乗り方

Copyright© ふじっこのトラベルテック , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.