旅行便利情報 飛行機乗り方

フライトレーダー24で飛行機を追跡!利用方法や機能を徹底解説

投稿日:2019年8月22日 更新日:

家族や親しい友人が飛行機に乗る時、外を歩いていてふと空を見上げ、飛行機を見つけた時、その飛行機はどこへいくのか、今どこをどのような高度で飛んでいるのか気になった経験はありませんか?そんな時、飛行機追跡アプリを使えば、それらの疑問が全て解消されるのです。

今回は数ある飛行機追跡アプリの中から、Flightradar 24(フライトレーダー24)という飛行機アプリに注目し、その使い方や機能、おすすめポイントについて解説します。

飛行機追跡アプリとは?


飛行機の行き先や現在地が気になった時、あなたならどのような方法で調べますか?飛行機が空港を無事に出発したのか、到着したのかについては、各航空会社のサイトで公開されていることも多いですが、リアルタイムな位置情報まではわからないですよね。

そこで活躍するのが、飛行機の追跡アプリなのです。飛行機が今どこにいるのかの情報がリアルタイムに更新されるため、気になったその時に、位置情報を確認することができるのが、飛行機追跡アプリの最大の魅力です。

Flightradar 24(フライトレーダー24)とは


数多くの飛行機追跡アプリの中でも、高い人気を誇るのが「Flightradar 24(フライトレーダー24)」です。フライトレーダー24では、航空会社に関わらず、どの航空会社のどういった機体がどのような経路で運行しており、今どこにいるのかを常にリアルタイムで知ることができます。

フライトレーダー24は、モバイル版・PC版の2種類があり、嬉しいことに、モバイル版のフライトレーダー24のアプリは無料でも使うことができるのです。もちろん有料バージョンもあり、有料バージョンでは無料バージョンでは使えない機能も使えたりと、無料バージョンにはいくつか制約がありますが、「まずはお試しで」という方も気軽に使ってみることができるのが魅力です。

フライトレーダー24を使う人は?


ではこの飛行機追跡アプリを使っているのはどのような人なのでしょうか。一つには、家族や友人など、他人が乗っているフライトが心配な人が挙げられます。各航空会社のHPとは違い、リアルタイムの情報が載っているので、フライトの情報をチェックすればすぐに安心できます。

そのほか、飛行機に乗って訪れる人を迎えにいく時、フライトが予定通り進んでいるのかを確認するために使っている人や、購入予定の飛行機のフライト予定をチェックし、購入前にルートの確認をする人もいます。また、どのような便がどういったルートで運行しているのかを趣味で見ている人もいます。

日本が夜の時間に世界では多くの飛行機が運行していたり、今家のそばを通過した飛行機が実は想像もできないほど遠くから出発した飛行機だったり、それらの事実を知ることで、世界の広さを実感できる飛行機アプリでもありますね!

フライトレーダー24の仕組み


人気の飛行機アプリFlightradar 24(フライトレーダー24)を使うと、どうしてフライトに関するデータがわかるのか、その仕組みについて解説していきます。

そもそも飛行機は、ADS-Bという「自動位置情報伝達・監視装置」を搭載し、GPSを使って自機の位置情報や高度、速度などを管制システムに送信しています。フライトレーダー24は、このADS-Bデータを受信することで、フライトに関する情報を飛行機から直接受信しているのです。

しかしADS-B装置の搭載は、ヨーロッパやオーストラリアでは義務化されていますが、日本ではまだ義務化されていません。そのため、JALやANAなどの国内線で使われている古い機体の中にはADS-Bが搭載されていないものもあります。そのため、フライトレーダー24を使っても時々JALやANAの機体が表示されないこともあるのです。

フライトレーダー24でできること・機能


飛行機追跡アプリ、フライトレーダー24でできること・その機能について解説していきます。

飛行機の位置をリアルタイムに確認

まず1番の機能は、知りたい飛行機の便名を検索すると、飛行機アプリ上にその飛行機のリアルタイムでの位置情報が確認できることです。飛行機の位置のみならず、高度やスピード等の情報を知ることもできるのが面白い点です。また、フライト番号や空港、航空会社を利用して、個々のフライト検索も飛行機アプリ上で可能です。

気になるフライトの便情報をチェック

フライトレーダー24では、アプリの中のマップ上で飛行機の位置情報を確認することができるのですが、そのマップの中から気になるフライトを見つけた場合、そのフライトをタップして便情報を見ることもできます。

飛行機好きな人の中には、この機能を使って、空港で飛行機を見ながらアプリで便情報を検索し、どのような便なのかを見ている人もいるのですよ!

カメラで撮影した飛行機の情報もチェック可能

飛行機アプリの有料版のみで利用可能な機能ですが、カメラで頭上の飛行機を撮影すると、そのフライトの情報が表示される機能もあります。散歩中、空にカメラを向けるだけで飛行中のフライトを特定し、その情報をアプリ上に表示してくれるのです。

また飛行機のフライト情報のみではなく、航空機の写真も表示されるので、何かのキャラクターが描かれた機体や、キャンペーン中で通常とは違う機体を見つけた時、肉眼では確認しきれない部分までを確認することもできちゃいます。

フライト別の過去データをチェック


またフライトレーダー24では、フライト別に過去のデータもチェックすることができます。自分が情報を知りたいフライトが、すでに終了したフライトでも、航路上の特定の地点での飛行パラメーターなどの詳細なデータを飛行機アプリ上でチェックすることが可能です。

フライト別の予定ルートの確認

フライト別に、予定ルートの確認もできることから、自分が乗る予定のフライトがどのような経路で目的地に向かうのかを予測しながら楽しむこともできます。アプリ中の地図上に出てきた航空機をタップして、飛行軌跡やスケジュール、航空機の種類や高解像度写真など、フライトの詳細を確認することが可能です。

3D機能でパイロットの視点を体験

3D映像で、パイロットの視点が体験できる機能があるのも、フライトレーダー24の魅力の一つです。普段は絶対にみることのできない操縦室からの景色を楽しむことができ、飛行機に乗るのが楽しくなっちゃいそうな飛行機アプリですね!

3D機能は無料版では使用回数の制限もあるのが残念ですが、気に入った方は有料版にアップデートしてみるのも良いですね!

その他確認できる情報

空港のアイコンをタップすると、その空港のフライトの状況や到着・出発ボード、リアルタイムの遅延統計情報や地上の飛行機の位置の確認ができます。天候の条件も表示されるので、悪天候で空港待ちをしている飛行機の様子などもみることができます。

一般的に表示される文字での遅延情報のみではなく、空港での飛行機の待機情報が可視化されてみることができるのが、面白いポイントですね!

フライトレーダー24の詳細画面・使い方

フライトレーダー24のアプリを開くと、地図上に飛行機が黄色のアイコンで表示されている画面が表示されます。これが基本画面で、ここから気になる飛行機をタップすると、選択された飛行機は赤く色づきます

選択されて赤くなった飛行機のアイコンが示しているフライトの情報が画面の下部に表示され、その下のアイコンの中の「more info」というボタンを押すと、選択されたフライトに関する詳細情報と機体の高解像度写真が表示される仕組みです。

そのほか、「3D view」では先ほど紹介したパイロットの視点が、「Route」ではそのフライトの路線情報が、「Follow」では選択された飛行機を長時間にわたって追跡することができます。また「Share」のアイコンを押すと、メールやLINE、TwitterやFacebookなどのSNSを使って見つけた飛行機情報をシェアすることができます。

フライトレーダー24のアプリとPC


フライトレーダー24には、PC版モバイルアプリ版の2つの種類があり、この2種類はどちらも、それぞれのバージョンに特化した特徴を持っています。ここではそれぞれが持っている魅力について解説していきます。

フライトレーダー24:PC版


PC版のフライトレーダー24では、航空機を検索する際に詳細な検索条件でフィルターをかけて検索することができるのが魅力です。飛行機の便名や航空機の登録番号、航空会社の名前はもちろん、「スクォーク」コードや航空機のモデルなどを利用した検索が可能なので、自分のみてみたい飛行機をピンポイントに検索することができます。

そのため機能面では、モバイルアプリ版と比べるとWebサイトの方が優れていると言えるかもしれません。

フライトレーダー24:モバイルアプリ版

モバイルアプリ版のフライトレーダー24には、無料版有料版の2種類あります。モバイルアプリはAndroid・iPhone・iPad・Windows Phoneの各プラットフォームに対応しているので、どの携帯を利用していてもほぼ利用することができます。

モバイルアプリ版のフライトレーダー24には、Web版にはない、拡張現実機能が利用できます。この拡張現実機能は、例えば散歩中などに飛行中の航空機をデバイスのカメラで捉えることによって利用できます。航空機を捉えたスマホが、GPS経由で航空機の位置データを取得し、補正することで航空機の写真と飛行データがアプリ上に表示される仕組みです。

モバイルアプリ版のフライトレーダー24の評判は、検索機能が使えないため、Web版のフライトレーダー24を使っていた人からはあまり高くありません。しかしこの拡張現実機能は一度使ってみるのも良いですね!

フライトレーダー24:モバイルアプリの価格


無料版と有料版のある、モバイルアプリ版のフライトレーダー24ですが、ここからは有料版の価格についてみていきましょう。モバイルアプリ版の無料アプリを利用している場合には、利用できるのが地図表示機能のみですが、有料版へとアップグレードすると、使える機能の範囲がグンと広がります。

フライトレーダー24の有料版は「Flightradar24 Pro」と呼ばれ、このバージョンの飛行機アプリではPC版のように詳細なデータをみることができます。

「Flightradar24 Pro」の値段
android版:300円
iOS版:250円

また、有料アプリの各プランごとの料金設定は以下のようになっています。ここでは参考として、iOS版のアプリの料金を記載しています。

iOS版「Flightradar24 Pro」価格一覧
Silver Plan:¥180(月額)/ ¥1,150(年間)
Gold Plan:¥450(月額)/ ¥3,900(年間)

各プランごと特徴は以下の通りです。

【Silver Plan】

・閲覧可能なフライト履歴:90日間
・航空機の詳細(シリアル番号や年数)
・フライトの詳細(垂直速度やスコークなど)
・関心のあるフライトを検索・フォローアップするためのフィルタやアラート
・現在の天候を地図上に表示(3,000以上の空港)

Gold Planでは「Flightradar24 Silver+」の機能に、以下の機能が追加されます。

【Gold Plan】

・閲覧可能なフライト履歴:365日
・雲や雨の天気レイヤーに関する情報
・航空図および海洋航路
・航空交通管制の境界(どの管制官がフライトを担当するかを示す)
・利用可能な場合には、Extended Mode S データの閲覧ができる(フライト中の高度・速度・風・温度の条件に関する詳細情報)

フライトレーダー24ではヘリコプターも見られる


リアルタイムに、飛行機の居場所を知らせてくれる飛行機アプリ、Flightradar 24(フライトレーダー24)では、ヘリコプターのマークも表示されるのです。表示されるのは、ADS-Bを搭載しているヘリコプターのみなので、個人所有のヘリコプターでADS-Bが搭載されていないものは表示されませんが、飛行機と一緒にヘリコプターの位置も見ることができるのは面白いですよ。

フライトレーダー24で政府専用機もチェック可能?!


これまでには、フライトレーダー24を使うと政府専用機も、その位置情報や高度、速度などの情報を見ることができました。しかしこれは、総理大臣が今どこにいるのかという情報が飛行機アプリによってリアルタイムで筒抜けになってしまうことなので、もちろん問題です。

当時は、ITリテラシーの低さ等についてネットでさまざまに叩かれていましたが、2014年に防衛省が非表示申請をし、同年中に非表示になったため、現在は見ることができません。

他の飛行機追跡アプリ

ここまでは飛行機追跡アプリの中でも、フライトレーダー24について紹介してきましたが、その他の飛行機追跡アプリの中からおすすめしたい3つを紹介します。気になるものがあれば、ぜひ使ってみてくださいね!

フライトライブ - フライトレーダー&天気


「フライトライブ - フライトレーダー&天気」は、世界中の航空情報と天気をみることができる航空機レーダーです。気になるフライトのルートはもちろん、到着時間などの詳細情報までをチェックすることができる飛行機アプリです。

空港に着陸する飛行機の、リアルタイムな最新情報も確認することができるので、送迎のタイミングの参考にしたい場合にも役に立つこと間違いなしです。飛行中の飛行機が、地図上に表示されるので、気になる飛行機が今どこにいるのかも知ることができます。

FlightAware Flight Tracker


「FlightAware Flight Tracker」は、地球儀上に世界中の飛行機の進行ルートが表示される飛行機アプリです。目的地や航空会社から検索することで、特定の飛行機を追跡することもできます。また、各航空会社のフライト予定表もチェックすることができるので、世界中の飛行機事情を把握することも可能です。

世界各国の天候や遅延情報を調べることもできるので、世界中の飛行機事情をチェックしてみたい人におすすめ、飛行機好きは必見のアプリです。

フライトトラッカー


「フライトトラッカー」は、飛行機の遅延情報やトラブルをリアルタイムで教えてくれるアプリです。遅延情報や飛行機のフライト情報のみならず、アプリ内では到着地の空港のターミナルマップも確認できるので、到着後に迷子になる不安も解消できちゃいます。

また、フライトトラッカーを利用して得ることのできるフライト情報は、家族や友人とシェアすることができるので、送迎の際の確認にも便利です。目的地の天気も10日間分表示されているので、長期出張や旅行の際に大活躍間違いなしですね!

飛行機追跡アプリ・フライトレーダー24まとめ

飛行機追跡アプリのフライトレーダー24について、その使い方や機能、プランやバージョンによる違いについて解説しました。家族や友人、大切な人が飛行機を利用する際にはぜひ、これらの飛行機追跡アプリを使ってリアルタイムな情報を確認し、送迎等にも役立ててみてくださいね!

飛行機予約サイトを徹底的に比較した記事はこちら。飛行機予約サイトの運営会社でも実際に働いていた僕がおすすめする飛行機予約サイトの紹介記事です。

【2019年最新版】おすすめ航空券比較予約サイト18選!人気の飛行機予約サイトを徹底比較

旅行費用のなかでも大半を占めることになる航空券代金。航空券を安く購入できるようになるとより旅行に行きやすくなります。 今回はより安く便利な日時の飛行機を予約できる、各航空会社の航空券を比較してくれる航 ...

続きを見る

僕が普段実践している航空券予約のコツやタイミングを紹介した記事はこちら

安い航空券の取り方を旅行会社社員が伝授!飛行機チケットの買い方まとめ

旅行でもっとも大きな費用となる航空券。航空券の料金の決まり方には法則があり、工夫次第でより安く航空券を取ることができます。 飛行機チケット/ツアーを取り扱う旅行会社で働いており旅行業務取扱管理者である ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
アバター

ran

-旅行便利情報, 飛行機乗り方

Copyright© ふじっこのトラベルテック , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.